「新社会兵庫」 3月12日号
 奈良少年刑務所詩集『空が青いから白をえらんだのです』を露の新治さんにいただき手元に置いている▼更生のための社会性涵養プログラムの一つ、童話と詩の授業。その講師として参加した詩人の寮美千子さん編の受刑者の詩集である▼タイトルになっているのは、「くも」と題された一行の詩。A君が自分の書いたこの詩を朗読し「亡くなったお母さんが『つらいことがあったら、空を見て。そこにわたしがいるから』とぼくにいってくれた。小さかったぼくはお父さんから殴られるお母さんに何もできなくて……」と語りだすと、教室の仲間たちが次々に想いを語りだす。一行の詩がみんなに届き心を揺さぶったことを感じる瞬間▼受刑者の多くは育児放棄され、学校でも落ちこぼれ、福祉の網の目にもかからず、情緒が耕されないまま抑圧され不幸な犯罪になったケースもいくつもある。寮さんは授業で詩作、朗読、合評し合う誰一人否定的なことを言わず共感できることを見つけ発言する彼らに、これまでそのような「場」がなかったのだと思う▼社会性涵養プログラムは「人は変われる」と教えている。社会に戻った彼らの更生を支える差別のない生きるための保障は全ての人への保障でもある。。
新たな出発をめざして
 はりまユニオンは、結成して18年目を迎え、播磨地域では一定の存在感を示すことができるようになってきた。
 しかし、役員の高齢化と活動が限られた人によるところから、世代交代が急務の課題となっていた。そうした中、活動の中心的役割を務めていた書記長が一昨年暮れから体調を崩し、昨年8月に急に亡くなり、活動が停滞するようになった。そのため、昨年の定期大会が開催できず、4月に全組合員による集会を開催して、前年度の大会で決定した役員体制と活動方針を継続して活動を取り組むこととした。
 現在、県下のユニオンの仲間に支援をいただき、態勢の立て直しを図っているところだ。
 ここ数年、相談件数が減少してきたが、今年に入り、数件の相談があった。紹介すると、1件目は、F興業という運送会社に勤務している運転手で、会社社長の経営がずさんで赤字経営が続き、社員として自分たちの生活を守るため営業で努力して会社に貢献してきたが、社長は何も努力をしない。社員7人で労働組合をつくりたいと相談があった。新たに組合を結成するのは、組合規約や役員などを決めるのに時間がかかる。はりまユニオンに加入してもらい、分会として要求と団体交渉の申し入れを提出して会社と交渉することにした。相談に来たいきさつは、以前社員の1人が組合員で、現在退職して組合も脱退しているが、その人の会社との交渉内容を聞き覚えていたとのことだ。はりまユニオンとして初めての多人数の分会ができた。
 もう1件は、新聞社からの紹介で、M食品会社の賃金未払いの相談だった。早速、組合員になってもらい、賃金の早急の支払いと労働条件の改善の要求を申し入れ団体交渉を求めている。
 その他に、A運送会社の労災事故での労災補償と職場復帰後の労働条件の交渉も引き続き行っている。
 はりまユニオンは3月10日に2年間の活動総括と運動方針を決める定期大会を開催して新たな出発をしたいと思っている。今後ともご支援をよろしくお願いいたします。
横山良介(はりまユニオン委員長)
朝鮮半島問題を学ぶ
 1月に私の関わる部落問題を主とする学習サークルで、「朝鮮半島問題学習会」として朝鮮学校無償化や徴用工問題などを取り上げた学習交流会を開催した。講師は、I女性会議の方にお願いした。
 朝鮮学校高校無償化については、民族教育への偏見から来る排除と私は思っていた。しかしそれだけではなかった。朝鮮学校は各種学校扱いで、日本の高校卒業資格を得られないことも解ってびっくりした。
 1910年の植民地化や第2次大戦などを背景に、最大百数十何万人と言われる朝鮮の人々が強制連行などによって連れて来られ、敗戦後も日本に残った(残らざるを得なかった)人々は、子ども達を育てる際、「言語・民族の文化を大切にした教育」と思い、全国に約600校(当時)を設立した。それが朝鮮学校だ。
 時を経て2010年、全国の高校の授業料が無償となった。しかし、2013年2月、安倍政権の朝鮮敵視政策により、全国で唯一、「朝鮮学校」が無償化適用から除外された。その流れが兵庫県にも起き、補助金が大きくカットされた。加古川市はわずかな補助金も削除した。
 日本と朝鮮半島の歴史においては、友好的な時期も多くあった。1590年代、豊臣秀吉の朝鮮出兵で半島全域が戦場になった。また、1910年の植民地化後は、土地を奪い、仕事も奪い、あげくの果てには創氏改名、朝鮮語禁止・日本語の使用を強要した。第2次大戦では、特攻隊に入れられ多くの朝鮮の青年が戦死した。そして、いま問題になっている旧日本軍性奴隷問題だ。20万人とも言われる10代の少女をだましての連行。日本軍が侵略した中国大陸やアジア各地に随行させた。ソウル市内にある「戦争と女性の人権博物館」には数多くの日本軍性奴隷に関する資料が残る。にもかかわらず、安倍をはじめとする日本の支配層は認めないどころか、「売春婦」呼ばわりだ。
 徴用工など強制労働の実態例は、長崎県の端島炭抗(軍艦島)など全国各地にある。日本が戦争に突き進む中で、労働力不足を補うため朝鮮半島から連れて来て危険な現場に朝鮮人を配置。過酷な労働でたくさんの人たちを死亡させた。しかし、「軍艦島資料」では、そのことは一切書かず、「世界文化遺産認定」だと誇る。徴用工問題は、当時多くの企業や炭鉱であり、新日鉄住金の問題は氷山の一角だ。
 今回の学習会では、元教員の参加者から「アベ政治が吹き荒れる前の10年ほどは、学校現場で教科書にも記載され、教える機会があったが、十分に説明できなかった。反省している」との意見も出た。このことも初めて知った。侵略行為や植民地政策を本当に質さず、真剣に「謝罪」もせず、偏見や差別を煽る加害者になっていたのでは、と改めて衝撃を受けた学習会だった。
(菅野順子)

選挙日程:
 神戸市議会=3月29日(金)告示、4月7日(日)投票
 一般市議会=4月14日(日)告示、4月21日(日)投票
 新社会党兵庫県本部は、今春の統一自治体選挙の勝利をめざし全力を注ぎます。戦争への道に反対するとともに、貧困と格差をなくし、平和・人権・環境を大切にする政治の実現をめざします。7人の公認・推薦候補(1月1日現在)全員の勝利へ知人友人の紹介などご支援を呼びかけます。
神戸市議会・東灘区(定数10)
きくち憲之(新・63歳)公認

1956年広島県庄原市生まれ。神戸大学理学部物理学科卒。自治労兵庫県本部で32年間勤務し、同執行委員などを歴任。現在、新社会党兵庫県本部書記長。他に、安心と笑顔の社会保障ネットワーク代表。
《連絡先》〒658−0014 神戸市東灘区北青木4-15-7 078-862-5363 nkikucchi@iclod.com

神戸市議会・灘区(定数6)
小林るみ子(現・68歳)公認

1951年大分県大分市生まれ。大分大学教育学部卒。神戸市内の小学校教員を17年務め、3度目の挑戦で1999年神戸市議初当選。現在4期目。新社会党兵庫県本部執行委員、「安心と笑顔の社会保障ネットワーク」事務局長。
《連絡先》〒657−0831 神戸市灘区水道筋6-5-3-202 090・7359・6658 rumiko_nada@hotmail.com

神戸市議会・中央区(定数6)
あわはら富夫(現65歳)公認

1953年石川県羽咋郡生まれ。神戸大学工学部システム工学科入学。1987年、当時最年少の33歳で神戸市議初当選、現在8期目。新社会党兵庫県本部委員長、ろっこう医療生活協同組合東雲診療所運営委員会議長。
《連絡先》〒650−0046 神戸市中央区港島中町3-2-1 62-207 078・302・0861 awara@portnet.ne.jp

神戸市議会・垂水区(定数10)
高橋ひでのり 無所属(新60歳)推薦

1984年、京都大学経済学部卒業。神戸市に就職。生活保護や国民年金などの業務に従事。平和・反差別の市民運動に参加。現在、精神障がい者の成年後見ボランティアに参加している。
《連絡先》〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町3-6-29 090・6377・2707 takahasi.tarumiku@gmail.com

芦屋市議会(定数21)
前田しんいち(現・67歳)公認

1952年京都府生まれ。1970年電電公社(現NTT)入社。翌年、芦屋電報電話局配属。1991年芦屋市会議員に初当選、現在7期目。現在、新社会党芦屋総支部副委員長ほか、憲法あしやの会世話人、ユニオンあしや組合員。
《連絡先》〒659-0023 芦屋市大東町11-20-111 Tel0797・32・7766 fwnx2052@mb.infoweb.ne.jp

芦屋市議会(定数21)
山口みさえ(前・56歳)公認

963年芦屋市生まれ。1981年市立芦屋高校を卒業。1989年、自治労芦屋留守家庭児童会指導員労組を結成し書記長の任に就く。1999年芦屋市議会議員初当選。2015年5期目に挑戦するも次点。現在、新社会党芦屋総支部書記長。
《連絡先》〒659-0016 芦屋市上宮川町8-3-306 Tel0797・38・0273 misaehiroba@nexyzbb.ne.jp

宝塚市議会(定数26)
大島淡紅子(ときこ)社民党(現・63歳)推薦

1955年東京都葛飾区生まれ。関西学院大学社会学部社会学科卒業。2003年宝塚市会議員初当選。現在4期目。副議長歴任。現在、ほのぼの会(宝塚市認知症介護者・家族の会)、9プラス25改憲阻止市民の会・宝塚、平和憲法をひろげる兵庫県民会議などで活動。
《連絡先》 〒665-0817 宝塚市平井山荘6-15 0797・89・4090 o-ayumikai@poem.ocn.ne.jp



安心と笑顔を取りもどそう

   新社会党の自治体政策

 長期政権となった安倍政権のもとで基本的人権の尊重、国民主権、平和主義という憲法の3原則が踏みにじられています。今年は9条改悪を狙った改憲発議が強行される可能性があります。また、医療や福祉の改悪などと合わせ、消費税の10%増税を決定しています。アベノミクスで大企業や富裕層がボロ儲けする一方で、99%の暮らしはいっそう厳しさを増しています。さらに福島原発事故の教訓や今も続く人びとの被害を無視し、原発の再稼働の強行など原発推進策を強行しています。いまこそ憲法を守り生かすことが重要で、本来の地方自治を取り戻し、アベ暴走政治に歯止めをかけるときです。市民の命とくらしを守るため、反貧困・反格差のたたかいを強めましょう。
 新社会党は「大切にしたい平和・人権・環境」をスローガンに次に掲げる政策の実現をめざします。
■くらしを守る
・国民健康保険料や介護保険料の負担軽減
・生活保護制度に加え市の独自施策を
・消費税10%に反対。当面5%に戻す
・水道などライフラインの公営堅持
■平和がくらしの原点
・憲法9条、非核神戸方式の堅持と国内外への発信
・空襲体験の継承をはじめ、平和の尊さを伝える「平和祈念館」の創設
■いのちが大事
・医療、介護、保育現場の働く条件の改善で人材確保
・アスベスト健康被害者への支援を強化し、震災アスベスト被害の継続的調査と検証の実施
・難病患者への医療費助成の充実
・小規模作業所への支援など障がい者福祉の充実
■子どもたちを大切に
・小中学校での少人数学級の実現
・中学生までの医療費無料化
・保育所、学童保育所の充実で待機児童をなくす
・就学援助施策の拡充、自治体独自の給付型奨学金導入
■しごと・雇用をふやす
・公営、直営の事業で働く場を確保、不安定雇用をなくす
・生活できる賃金を保障する「公契約条例の」制定
・ひとり親家庭への就労支援強化
・時給1500円に
■市民の安全確保
・高潮や浸水被害対策を早急に実現
・「被災者生活再建支援法」の拡充を国に求める
・脱原発を国に求め、原発に依存しない社会をめざす
・LGBTなど性的マイノリティーの差別禁止の条例制定をめざす
■議会・自治体改革
・行政の透明性の確保と情報公開、各種審議会への公募委員など市民参加の推進
・自治体基本条例を制定し、住民自治の発展をめざす
・市民文化の拠点となる公民館や図書館などの拡充、利用料の無料化実現