西宮のベニイトトンボ


兵庫県南東部の西宮市で、2004年の晩夏、赤いイトトンボを見つけました。それまで見かけたことのない種類です。あたりをよく見てみると、赤いイトトンボが2匹と、よく似た感じで柔らかい黄褐色の個体が1匹、見つかりました。

調べてみると、生息地が限られているとされるベニイトトンボのようです。赤い個体はオス、柔らかい黄褐色の個体はメスです。

2006年9月早々に再び見に行くと、赤い個体の数が、格段に増えているようでした。


いるのは赤いオスが大半で、なかなかメスは見かけませんが、交尾中のカップルをいくつか発見しました。ここで繁殖していることに、ほぼ間違いはなさそうです。


ベニイトトンボは、環境省(国)では絶滅危惧 II 類に、またいくつかの県では絶滅危惧 I 類として、指定されています。


 写真&文:渡辺玲子(兵庫県西宮市) / Photos and text by Reiko WATANABE (Nishinomiya, Hyogo)
 Last updated: 12 July 2007 / 無断転用を禁ず / All right reserved.

 ご意見などは こちら (mail)まで
わたなべれいこのページ